<   2014年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ここいいわぁ ③

渋温泉 外湯めぐり は

b0088340_15232774.jpg

まず、こんな手ぬぐいを近くのお店でゲットします。
別に買わなくてもいいのですが、モチベーション上がりますさかい (^_^;)
買ったから押すから9つの外湯制覇ができたのかも~。

b0088340_1556467.jpg



政喜旅館さんのお風呂を貸し切り状態で体をきれいにしてから、外湯めぐりに。



カラス派の私はお湯につかる というよりもこの雰囲気を味わいたかった!
もちろん浴衣と丹前と下駄で回ります。

b0088340_15572838.jpg



b0088340_15592871.jpg



b0088340_162022.jpg



9番目の大湯以外はこぢんまりしています。
渋温泉の外湯は渋温泉内の旅館・ホテルに泊まっている人だけ利用できるというのですが、
大湯は宿泊以外でも10:00~16:00なら利用できるみたい。
旅館にある鍵を持って出かけ、その鍵で開けて入ります。無料です(*^_^*)。


b0088340_1644916.jpg



夜の雰囲気がいいですが、朝早起きして6時半くらいからの外湯めぐりも気持ちがいいです。
(朝6時から夜10時まで入れます)

さて肝心の温泉・・・

潔癖症、きれい好きの人は抵抗あるかも(^_^;)
まぁ、こういうところは深く考えず・・・です!
建物自体が古いだけでお湯はきれいでしたよ。塩素の臭いがする温泉よりよっぽどいいです。
ただ温泉オンチ?の私には効能とかお湯の感じとかよくわかりません。
ぬくもったのは確かですけど。



外国人さんの割合が多かったです。
ひなびた小さい温泉地なのに知ってて、ここまで来るなんて!
温泉に入るお猿のせいでしょうか?

出会った青年に

「very hot yo~」 と声をかけると ← こんな程度でも通じる。

「ki wo tu ke ma-su」 と返事が (*^_^*)

夜 遅めの時間だと地元の人によく遭遇しました。
近所の若い女の子も洗い場で石鹸でゴシゴシ と。観光客にはなかなかできません(^_^;)
地元の人はみんな熱くても平気みたい。

おばあちゃんにお湯の出を調節する仕切り板があることを教えてもらう。
建物の外にも蛇口があり、温泉のお湯を湯たんぽに入れて帰るおばあちゃんも。
触らせてくれ、湯たんぽは十分熱かった!これはいいわ~、朝まで暖かいらしい。

こんなんですから
渋温泉のお湯はとても熱い!!です。源泉掛け流し ってこういうことなんですね。

うめた人の直後に入るのがいいです。

利用する人がまだ少ない早朝はさすがに熱かったですねぇ。
たまたま蛇口にホースがついてある外湯がひとつだけあって、そこは助かりました。
ホースの水を体に当てながら入ってました(^_^;)


b0088340_16244439.jpg

更衣場所

b0088340_16251971.jpg

ケロヨンの黄色い桶が昭和生まれには嬉しい

b0088340_16254887.jpg



煮えたぎっている?!
b0088340_16261830.jpg



大湯以外 せま目です、4人くらいなら入れます。

六番湯の目洗いの湯 と大湯が人気だと旅館の女将さんが。

九(苦)労を流し、厄除け、安産育児、不老長寿のご利益!
b0088340_10193414.jpg




もっとゆっくりしたかった他の心残りは・・・

b0088340_10364439.jpg

射的! 夜、戸は開いていたのですが暗くて、、、営業されているんかなぁ。
実は射的好き(*^_^*)ディズニーランドのシューティングギャラリーにも入り浸っていましたから。
[PR]
by zinzin_h | 2014-11-24 09:25 | 京都のほか

ここいいわぁ ②

渋温泉のお宿は

政喜旅館さん
http://onyado-masaki.com/
外観、お部屋、お風呂 など 上記HPと まず変わりないです。
館内カーペット敷きのせいか寒々しさがない、ホッとする居心地。

5組だけのこじんまりした民宿? 無駄がなく整理整頓され、清潔でとても気持ちがいい旅館でした。

こじんまりしているから家庭的かといえばそうではない。
滞在時間中、女将さんの姿しか見かけず、シェフ?はお声だけ。
女将さんも無駄がない。余計な言動 振る舞い一切なし。

お忍びに向いているけれど、そういう やらしいとこは一切ない。

12畳のお部屋があるからワイワイでも、隠れ家として使っても。

珍しく、ベタ惚れした旅館です。


でも到着するまではとても不安でした。
まず、お部屋にトイレ・風呂なし
風呂はともかく、トイレがないということが・・・
私はへーきなんですけど~。

旅館にあるお風呂が狭い、露天風呂なし
外湯めぐりをしたいから
私はへーきなんですけど~。

かなりお安いので寝具は大丈夫なのか?

独身の二十歳代、スキーに行った時の民宿を思い出す。
窒息しそうな重い湿った布団、寒い部屋、鍵かからず、もちろんトイレは外


数々の不安がよぎる・・・

それでも決定したのは1泊2食付きで 8,800円!だということ。冒険心、面白さありで。



税サ込、入湯税も込?なんしか8,800円だけでした。

夕食時の酒代は別途必要ですが、ビールは大瓶で670円 というお安さ!
もう一つ上のランクもあるんですが、陶板焼きの牛肉の種類が違うとのこと。
8,800円のほうの陶板焼きでも霜降りのお肉です。


食事は別のお部屋(個室で)
まずこんなけが最初に並んでいます

b0088340_144186.jpg

左下の信州サーモンが美味しくて、道の駅だったか?で買って帰ったけれどう~ん違った

b0088340_1455989.jpg



b0088340_1455720.jpg



b0088340_14134119.jpg

陶板焼きの 味噌タレにはセロリの風味が、さわやか。

b0088340_1464079.jpg



子持ち鮎の塩焼き の写真が ないでーす。

b0088340_147231.jpg



b0088340_1474633.jpg

途中のお吸い物はカツオと昆布のダシ
お味噌汁はいりこだし だったと思う。

b0088340_148511.jpg



b0088340_1482478.jpg



出来たてアツアツで出てくるお料理の数々、よくある温泉旅館のありきたりではないメニュー
お料理屋さんで食べているようでした。
京都でも京料理として通じる薄味です。

皆、きれいに完食!!!


朝ご飯は わりと普通ですが、ちゃんと作った感ありあり、愛情が感じられる。
とても美味しく頂きました。食後はコーヒーもいただきました。

b0088340_14391724.jpg





心配材料だった

トイレ無し は部屋の戸は開けなければならないもののすぐ近くで、家となんら変わりない。
寒い廊下を歩く、実家よりよっぽど楽。
洗面所もとても清潔。

お風呂は 決して広くはないけれど、覚悟していたから想像より広かった。
使用中は札を掛けるため、見知らぬ人と一緒になることはない。
夫婦同士などいつも家族風呂感覚。
9つすべての外湯めぐりをしたので、露天風呂に入りたいような気分にならず。

寝具も気持よく、寝心地良かったです。家よりはるかに満足。

浴衣だってペラペラじゃなくしっかりしていました。

お礼状を書きたいくらい満足しました(まだ書いていない(^_^;) )。



お次は外湯めぐりです。
[PR]
by zinzin_h | 2014-11-23 14:49 | 京都のほか

ここいいわぁ

b0088340_1551468.jpg


金具屋さん
千と千尋の神隠しみたいでしょ。
渋温泉です。
11月5日~6日
一眼レフは娘が使用で借りられず、コンパクトデジカメで。


朝はこんな感じ
b0088340_17272847.jpg



渋温泉が先か金具屋が先かというと
金具屋さんに泊まってみたくって調べたらそこがまったく知らなかった”渋温泉” というところだと
知ったのです。

金具屋さんは写真の国登録有形文化財の斉月楼のほか、
神明の館、居人荘、潜龍荘など4棟が複雑に立ち並んでいるようです。
泊まるなら斉月楼は外せない! と予約電話を入れたが、2か月前程度では思っている日は
平日でもなかなか取れません。
11月終わりくらいは空いていたのですが、寒いだろうしなぁ・・・と
泣く泣く諦める。
金具屋さんのHPを見ていて、待月荘プランなるものを発見!
随行用に作られた斉月楼内の客室です。
客室にトイレが付いていないため特別料金にてご提供。
と。
1室しかない。税サ込、1泊2食付きで10800円
斉月楼にこの料金で泊まれるなんて~!
と建物好きの私は思うのですが、
はたはどう感じるか、、、平たく言えばお付きの人用の部屋ですさかいね。

もう一度電話!でもやっぱりお付きの人用のお部屋は空いていません。人気のようです。

金具屋さんが空いていなくても気分は 渋温泉(初めての外湯めぐり)モードになっていたので
他の旅館を探すことに。

金具屋さんじゃなければ、どこも似たり寄ったりで、良いも悪いもインパクトがない。

かなーーりの時間を費やし、検索。
こうなったら富裕層向きを狙っても面白くないと決心、
方向転換でふと目についた旅館・・・

これが大ヒット!!!  紹介はのちほど。

渋温泉とその旅館さんのおかげで、
”また絶対行きたい場所” が出来ました。珍しいことやなぁ。
次回、金具屋さんの待月荘 リベンジか?その旅館さんにするか?
非常に悩む。どちらもで2泊がいいな♪
さほどの風呂好き温泉好きでない私がそれほど気にいったのであります。
[PR]
by zinzin_h | 2014-11-16 17:38 | 京都のほか

温泉お猿

b0088340_7562240.jpg

渋温泉近くの地獄谷野猿公苑
[PR]
by zinzin_h | 2014-11-06 22:56 | 京都のほか

スマートお猿

お猿でも使っている?!というのに
ガラケーの私は凹む (^_^;)

いい顔してるわー 普段から人が触っているのを観察してたのかな 持ち方もさまになっているやんか

b0088340_15154036.jpg

オランダのマルセル・ファンオーステンさんが撮影
http://www.sankei.com/world/news/141030/wor1410300022-n1.html


↓地獄谷野猿公苑さんのブログ
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00543/archives/50532626.html
[PR]
by zinzin_h | 2014-11-02 15:21 | ちょっとしたこと

UhmTaeWoong がどうでもよくなるまでの日記です。 


by zinzin_h
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30