カテゴリ:韓国旅行2010.6( 14 )

サムスンの家をあとにしたのが午後3時半過ぎ。
景福宮のバス停からスタートした付岩洞お散歩もようやく終わり。
中味の濃い散歩でしたわ。
だけど まだまだ続く3日目、ながーい1日になるのは確実だな。

付岩洞からまたバスで景福宮まで帰ったと思うのですが
あまり記憶にありません^_^;

タクシーには乗らず、3号線景福宮駅から6号線弘大へ向かったはずですが
これもあまり記憶になくって。

弘大へ到着した時の尋常じゃない人ごみは良く憶えています。
学生の街だし、土曜日だしね。

ここへ来目的はやはりロケ地。

コーヒープリンス1号店 デス。

このドラマは観ましたけど、ここはコンユ大好きのMだむの管轄なのでおまかせ。
弘大から少し歩きました。


b0088340_12171771.jpg



b0088340_12185657.jpg



b0088340_12242797.jpg



b0088340_1224544.jpg


店内は韓国の若い子たちも多かったです。店員の女の子は日本語勉強中の学生さん。


1時間くらいティータイム後、弘大の街をぷらぷら。

b0088340_12295659.jpg


原宿を良く知りませんが、そんな感じの街かな弘大って。


Mだむ管轄といっても、私にも目的ある場所なんです。


b0088340_12371122.jpg




b0088340_12361487.jpg




b0088340_12363990.jpg

黄緑の部分が弘大の駅です。


チュニャンの態度に なんでハクドやったらアカンねん! と
何度心で口走っていたドラマだったか(快傑春香)

放映後、しばらくはアクセサリーショップとしてあったようだけど
今はこんな風に。多分ここだと思うのですけど。


お腹も空く午後7時くらいになったので
Mだむたっての希望のカンジャンケジャンを食べに新沙へ。
駅からすぐ近くのトコにあります。

カンジャンケジャンが生蟹の醤油漬け とは知らんかったんです。
旅行前に調べてわかったしだいで・・・
ワタクシ、甲殻類アレルギーあり なんですよ。

生の海老・蟹はあきません。口、のどが痛痒く、痺れます。
海老は触ると絶対手が痒くなります。
さかむけなどあると腕まで痒くなります。
でも火を通した海老、蟹なら不思議とアレルギーは出なく大好物でもあるので
カンジャンケジャンも当然気になります。

カンジャンケジャンなら大丈夫かも・・・って
何の根拠もありませんが勝手に^_^; 思ったり。
だけどかなーーりイヤな予感はしてました。
異国でアナフィラキーショック なんてえらいことやんねー。



b0088340_16272317.jpg

無料おかず? パンチャン? 微妙な味のもあります。



b0088340_16275713.jpg

すっごく美味しそうに撮れたカンジャンケジャン
実際も美味しいんでしょう



いやぁ~~~死ぬかと思いました!・・・は大袈裟ですが
喉がえらいことになってました。

みんなは美味しい美味しいって食べてました。
蟹の甲羅にご飯と漬け込んだ醤油を入れてまぜまぜしたりして・・・


b0088340_16282110.jpg

これはアンコウ。 アグチムって言うんだっけ?
なんでか もやしがこれでもかっってくらい入っています。不思議な食べ物。
他のお客さんも食べてましたから人気ではあるみたい。
Mだむが辛くしないで って言ってくれてました。


b0088340_16285227.jpg


1時間ばかりいたかな。料理の品数が多くないから長居はできません。

この日は例のサッカーがあってTVもつけてあり、韓国のお客さんが日本の応援してくれました。
ニッポン チャチャチャ! ってね(^_-)-☆

カンジャンケジャンも4人で54000ウォン、1人13500ウォン

私はもう一生、カンジャンケジャンを食べる事はないでしょうから
とーーってもいい思い出になりました!(^^)v


当然2次会!! ってことになります。
近くの狎鴎亭(アックジョン)で! もいいけれど、帰りのことを考えて
ホテルに近い明洞(명동)でと賢明策。地下鉄で明洞へ。

軽く食べられ、ちょっと一杯 って店を調べておくんだった って思いましたね。
ここや って店がなかなかみつかりません。


ようやくチヂミの店を見つける。明洞駅よりかなり北に向かったと思います。

b0088340_1630477.jpg



b0088340_16311117.jpg


このお店、若いコ中心でとっても活気がありました。
韓国で初マッコリにご機嫌。

海鮮チヂミ(わりと大きい)1枚とマッコリ2本で 1人4500ウォンくらいやったです。
若者っぽい店で日本のオバちゃんの観光客って見かけなかったけれど、
気安く入れ、安かったんで名前場所がわかれば報告しますね。


どうなるかと思った蟹アレルギーも マッコリとチヂミで治まりました。


これでようやく3日目終わりです。

今日ももうすぐ12時!(@_@;) ってシンデレラ時間のご帰宅、
3日間 ほんま元気なオバちゃんやわ。

明日は4日目、Mだむとの最終日。オイラは5日目まであります。
[PR]
by zinzin_h | 2010-11-19 14:13 | 韓国旅行2010.6
b0088340_16263143.jpg



b0088340_1630458.jpg




b0088340_1633658.jpg




チャハソンマンドゥ 자하손만두
서울시 종로구 부암동 245-2(ソウル市 鍾路区付岩洞245-2)02-379-2648
www.sonmandoo.com

来てみてビックリ!昼時とっくに過ぎているのにすごい人人人!
土曜日のせいかな?
しかもなぜか登山靴履いたお客さん多いし。
帰って調べたらどっかから彰義門までの城郭を歩く?登山?ってのは有名みたい。
そのうち歩いてみたい!って言い出しそうです^_^;

そう言えばさっきのコーヒーショップの前も異常な人だかりだったな。
20分ほど外で待ちました。ほぼ韓国の人たちばかり。


b0088340_13234936.jpg




b0088340_16473116.jpg

五味五色を大切にする韓国の食文化が映えそうな白い器。
一つの料理に5色もあると器は "白"しかありえないか
何の変哲も無い白い器だけど上品でした。


b0088340_1648036.jpg




b0088340_16482915.jpg




b0088340_16463720.jpg


韓国の人もこんな薄味のもの食べるんだ!ってビックリするくらい 優しい味。
野菜中心だから当然あっさり、体の中から健康になれそうな味でした。
キムチも好きな味でした。

b0088340_16514053.jpg

隅の見晴らしのいいテーブルに案内してくださいました。

b0088340_21531118.jpg



ソッパランほどペラペラじゃないけれど 日本語話せる男性の店員さんいらしたし
写真も撮ってもらったしお料理の味だけじゃなく、いいお店でした。

今度渡韓した時、わざわざでも来たい店 だってEleeさんゆーてました。
ほんとそう。おすすめです。明洞餃子はもういいかな。

景福宮からバスで15分弱くらいですから、郊外という雰囲気ながら近場範囲です。
お料理もビールも遠慮なく頼み、4人で54000ウォン 1人13500ウォン
現在のレートでは1000円しないんじゃ?

こんな韓国もあるんよ~って 韓流無関係の人に案内しても喜ばれるとオモイマス。




マンドゥ屋のすぐ近くが彰義門(창의문チャンイムン)です。

b0088340_22382100.jpg


コーヒーショップとマンドゥ屋の間にこのようなトンネルがあります。
記憶にないけれど、サムスンでは有名なトンネルらしいです(*^_^*)

このトンネルを越えると


b0088340_22403613.jpg


上に登れたのかな? 行ってなくて残念。
昼にビール飲むともう集中力途切れてますわ。

とても来たかった場所なのにいい加減になってしまいました。
この門の他に何かある ってことないんですけどね。


ここでお3人がサムスンの家に行きたい!と言い出したんです。
あまりにも急な坂を歩いて行かなければならないの知っていたので
行くで とはとても言えませんが、言い出してもらったのでほんなら行ってみようかと。

サムシクがいたというバス停あたりまで戻ります。

b0088340_10313292.jpg

ここをどんどん行きます。
ソウルナビ
http://www.seoulnavi.com/special/5004288
万が一行く事になったらとこのページをプリントアウトしておいたので
その通り進みます(でないと分かれ道がありますから迷いそうです)。
そこそこちゅーかなかなかキツイ坂でしんどいです。
でも時間はさほどかからなかったような。

b0088340_22542589.jpg

途中見つけた素敵な看板。
平倉洞には及ばないけれどここらあたりもいいお屋敷がたくさんありました。

b0088340_22561443.jpg

お寺?(サムスンちすぐ近く)

サムスンって高級住宅地に住んでいたんだ~。そんな風には見えんかったな。


で 見つかりました!



b0088340_22585936.jpg

門はブルーで屋根が赤くて母娘3人で住んでいるのが似合ってる
かいらしい家だったけれど随分感じが違っています。
工事中でした。どうなるんだろ?

私らは足で行く究極の自力ロケ地ツアーだけど ボックスカーでツアーしたはる人たちに
会いました。私も初回はそうだったなぁ・・・と思い出しました。
ふうふう言いながら上がって来たため情けない気もします ^_^;

でもしんどくても、情けなくてもこういうの当分止められそうにありませーん。
[PR]
by zinzin_h | 2010-11-15 23:32 | 韓国旅行2010.6
b0088340_15292866.jpg


付岩洞住民センターというバス停で降りたら、すぐ近くにこんな建物の
コーヒーショップがあります。
自家焙煎コーヒー店「Club Espresso」わりと有名みたい。

付岩洞散歩はここを中心にしたらいいと思います。

b0088340_14581460.jpg

この写真手前がコーヒーショップで、
右のレンガの壁がマンドゥ屋、左の道がサンモトゥンイへ行く道です。
緑の矢印は CHEERS! ってチキンのお店(多分)
부암동 CHEERS! で検索するとチキンが美味しいらしい。
韓国の唐揚げみたいなチキン、どんな味なんだろ。


b0088340_15364076.jpg

コーヒーショップの前のバス道りがこれです。
高架を右に行くとサノんちなんです。

高架へ行く道はマンドウゥ屋に沿って行ったらいいのですが遠回りで
この画像の右あたりに階段があって、それを登るとかなりの近道なんです
・・・ってこれはドラマを見ていて思ったことと、ストリートビューで
階段の存在まで突き止めていたんです。
階段はこのあたり3箇所あったのですが、行きしなは2箇所しか見つからず、
城壁の公園になっているほうを登ってしまい、これまた遠回り、行き過ぎて
失敗でした、どうもこぎれいすぎてドラマの感じじゃないと思ったんですけどね。
こぎれいな階段の上り口には大きな観光看板?のようなものがあり、
サノんちも載ってありました。
町をあげての観光名所?
城壁の公園のような所はキレイに整備してあって、風景もいいはずだし、
行っても悪くありません。
しかし目指すはあのチベなので風景とか目に入りません、一枚も写真ねーし^_^;
ヌグセヨのいけすかん理事がヨンインと会って歌うたってたのはここかな?
って思ったりしながら歩いてはいたんですが、、、

遠回りになっても高架の道に出ることは出来て






とうとう見つけました!来てしまいました!









b0088340_154931.jpg



b0088340_15523818.jpg



ただ外から見るだけで史跡でもなく普通の生活したはる家なのに
Eleeさんはサンモトゥンイより感激~! と言ってましたねぇ。
恐るべし韓流デス。

ドラマ「天国への扉」では 朝がこの家の外観から始まるんだよね。



なぜこんな画像が撮れたかというと・・・・

b0088340_15553296.jpg



b0088340_15564160.jpg



うちら4人この家を激写しまくっていたら、ここにお住まいのご婦人が帰って
らしたんです。
「アニョハセヨ」 って深々と申し訳なさげにご挨拶したら、
中へ案内してくださいました。もちろん日本語はできはりませんが。

家にはハルモ二がいらして、韓国語でいろいろ説明してくださりました。
この家がドラマで一番良く出る・・・とか。

ドラマで見るよりもはるかにきれいでお庭は芝生が敷きつめてあり、
お花がいっぱいの可愛らしい素敵なお家でした。
韓国のお家らしく、玄関入ればいきなり リビングだったような(*^_^*)


b0088340_16125100.jpg


敷地からでもやっぱり城壁が気になります^_^;

15分くらいおしゃべり(???なんとかなるもんです)してましたでしょうか、
これからマンドゥのお店にランチに行きます みたいなこと言って
(ちゃんと通じてます^_^; ) 失礼しました。
もしかしたらこんなこともあるだろうとお土産を考えていたんですが、
まさか~ ありえーん って思って何も持って来なかったこと後悔しました。

サンモトゥンイへ行ったのが11時過ぎ、ここのお家を出たのが13時半くらい。
お昼の混雑は過ぎた時間だろうし、絶好のランチタイム。
なかなか計画通りに進んでます。


このお家は目で見たかったものだったのですが、
絶対歩いてみたかったのが


b0088340_16142462.jpg




b0088340_16145048.jpg




b0088340_1615589.jpg



白い巨塔以外はだいたいのドラマではこの階段が出てきて、みんなしんどそうに
登ってくる。


そしてあっけないくらい早く、あのコーヒーショップがあるとこに
出たのであります。

b0088340_16194913.jpg

この階段が行きしなは見つけられなくって。
一同な~~んだ 状態。


b0088340_1623464.jpg


マンドゥ屋 はコーヒーショップあたりから看板が見えます。


さて、お昼ご飯は・・・
[PR]
by zinzin_h | 2010-11-15 08:20 | 韓国旅行2010.6
3日目は一仕事終えたEleeさん、Nりょんさんと合流して
メインは"付岩洞(プアムドン)のお散歩"です。


付岩洞 부암동
コヒプリのハンソンんちだったサンモトゥンイ、ヌグセヨのヨンエさんの店、
サノんち(サノがわかりにくかったら^_^; ヌグセヨ・華麗なる遺産んち)、
美味しいマンドゥの店、彰義門、サムスンのトンネル、サムスンの家、
→弘大→新沙(カンジャンケジャン目的)デス。

はじめて韓国旅行に行ってテンション高いママ友にどこに行ったん?
と聞かれ「付岩洞」「平倉洞」 とは言えへんだ^_^;。
明洞で焼肉食べた・・・というママ友にあっこの焼肉屋の話をするには
エネルギーが必要だし、、、一体ウチらってなんなんでしょう。

Eleeさん、Nりょんさんとは 10時半に景福宮駅近くのバス停で待ち合わせ。
さりげなくソウルのバス停で待ち合わせ出来るようになったってかなり嬉しい。

地下鉄3号線 景福宮(경복궁)駅 3番出口

b0088340_11333914.jpg

ドーナツ屋を通り過ぎてバス停へ向かいます。
サムゲタンで有名な土俗村はこのバス停の斜め向かいをちょこっと入ったとこみたいです。

4人いるしサンモトゥンイまで坂道を登らなければいけないから
景福宮駅からタクシー乗ってもしれているんですが、11時開店のサンモトゥンイへ
直行するには時間的にまだ早い。
韓国でのバス経験のないEleeさん、Nりょんさんがバスに乗ってみたい!って
言ってくれたのでバスで付岩洞まで行く事に。
バスの番号はわかっていたので無事乗れました。「プアムドンチュンミンセンタ?」
と運転手さんに確認もしてます。
(ソウルナビ情報では1020番、7022番、0212番バス。6番目の付岩洞住民センターで下車)
それに付岩洞の地図だって頭に入っているし~!

とほぼ完璧だったのですが・・・

付岩洞住民センターバス停で降りるはずが、よく知りすぎ?のせいか
付岩洞住民センターの前じゃないやん
と判断し乗り過ごしてしまいまして(@_@;) やっぱり現場に弱いデス。
要注意。バスに乗っている時間は10~15分くらいだったかと。

b0088340_11372230.jpg

乗り過ごしたため知らない道を歩き、急階段を登る事に・・・
こういう坂を登ってこそ韓国!、、、ですけど^_^;
迷路みたいだったのにランチ予定のマンドゥ屋の前に出てびっくり。


サムスンのバス停あたりまで戻り、

b0088340_1528391.jpg



b0088340_15291152.jpg



b0088340_15302451.jpg


ヌグセヨのヨンエさんのお店も発見!
(サムスンのバス停より景福宮方向へほんの少しだけもどります)
小物のお店ではありませんでした。
ヨンイン父が踊ってた向かい側も確認。

道路標識は 천천히 チョンチョニ(ゆっくり)かな (*^_^*)




b0088340_14531399.jpg


ヨンエさんのお店の近くに
イタリアンっぽいお店 mama 's kitchen (多分)


交通量少なく静かな街。

ここら辺でタクシー拾ってサンモトゥンイへ行く計画なんですが
地図を見せても、店の名前言ってもわからずの、カーナビもついておらずのタクシーを
止めてしまいました。
でも近くにいたアジョッシが
「サンモトゥンイ?」 と私たちに尋ねてくれ、そのアジョッシがタクシーのアジョッシに
場所を教えてくれました。

11時過ぎ、サンモトゥンイに到着! 1番乗りでした。

산모퉁이 Sanmotoonge 「山の突き出た角地」意味
종로구 부암동97-5 (鐘路区 付岩洞97-5)  02-391-4737



b0088340_1526398.jpg


お目当てはテラスからの景色


b0088340_1535299.jpg



b0088340_15355387.jpg



b0088340_15362247.jpg



b0088340_15365852.jpg


昨夜から明け方までの雨のせい?霧っぽい。

b0088340_1541195.jpg

緑で囲ってある所はこれから行こうとしているサノの家(天国への扉)です。
ここからあの家が見えるとは思ってもいなかったんで かなり感激やったです。
「あそこまで歩いて行くねん!」 という私の言葉にNりょんさんはビビッていたかもしれません。
あまりにも遠くに見えましたさかい。

b0088340_1429897.jpg

(画像をクリックしたらもう少し大きく見えます
左には城壁が・・・サノんちは城郭の外だったんだ。)


サンモトゥンイの雰囲気はいいですが、
注文はレジでし、飲み物を受け取り、席につきます。
スタバ形式ですね。
美味しいお茶を頂くというより景色を楽しむ所です。

b0088340_15261313.jpg



b0088340_15265063.jpg



b0088340_0403122.jpg



一番乗りのせいか好きな場所に陣取れて、静かでゆったりした時間が過ごせました。
付岩洞、優しい場所です。



帰りは下りなのでぷらぷら歩きます。

b0088340_1459349.jpg

あげな高い所に城壁が! どうしても城壁に目が行き、
かなりフェチってきてます。


b0088340_1504222.jpg

歩いているとこんな建物も。
もちろん外壁フェチでもあります。
ストリートビューで確認済みなんでやはり感激薄れます。

b0088340_1581693.jpg



b0088340_159920.jpg

少し道を外れたところにも洒落てるのかなんなのか?わからない店が。
調べた情報によると 華麗なる遺産 のウンソンがこわーい継母から通帳を受け取った
喫茶店 とのことなんですが中に入ってないし、ドラマでは外観が映ってないので
わかりません。spoon ってお店です。

方角は合っているんだけれど???な道をどんどん進んでしまいまして
乗り越したバス停あたりに来てしまいました。
こじんまりして、さほど複雑な街でもないので方向音痴でないかぎり、大丈夫でしょう。





お次はいよいよ歩いてあのチベ、サノんちへ・・・
[PR]
by zinzin_h | 2010-11-14 15:01 | 韓国旅行2010.6
b0088340_1644040.jpg


b0088340_17143045.jpg


b0088340_1714556.jpg



白い巨塔、チャン外科長の愛人がしてるワインBAR
1話に出てきました。


6月の旅行の時は全く気がついてなくて写真撮っていました。

b0088340_1763250.jpg



b0088340_17132026.jpg



b0088340_2011827.jpg

道路を渡ってまで写真撮ってたので よっぽど印象良かった建物だったんですねぇ。
三清洞通りを歩いていると必ず目に付きます。

高い所に建物があるようにそこにも通りがあります。
上の通りに抜けられる階段(ごっつ急)が三清洞通りにいくつかありました。
上の通りをちょっと入った所にはアクシデントカップルのドンベクの韓屋があるんです。
これもあとからわかったことなんですけどね。

Felice Gatto フェリチェ・ガト
http://www.livexseoul.com/info/info_view.htm?sec=4&area=23&seq=196



多分、中はセットだったのかな。

今度はドンベクんちに行って、フェリチェ・ガトでパスタ食べよ。


b0088340_20152186.jpg

懐かしい~。
MMの隣の俳優さんは今「イサン」でホングギョン役。
ホングギョンっていい人なのか悪いヤツなのか?かなりイライラさせられてます。
[PR]
by zinzin_h | 2010-11-12 13:58 | 韓国旅行2010.6
お鍋編

b0088340_2183919.jpg



セラミック製で直火、IH、電子レンジOK 1~2人用
色合いは違うけれどあと2サイズあり。
大きいほうがいいかなぁと悩んだけれど、空港まで地下鉄だし 重いし、
色目はこのサイズの方が可愛いかったんです。

明洞近く、会賢の新世界百貨店の食器売り場で購入。

このデパートの地下食料品売り場は足繁く通うようになっていて、
「マシケドゥセヨ」(「美味しく召し上がってください」・・・かな) って
言われるのがとても心地よくなってきてました。
だけど上の階へ行く事はなかったんです。
行ってみると市場と違ってまるで日本にいるような錯覚に陥るくらい
洋服も食器、寝具売り場も普通です。
デパートの店員さん、不思議なくらい日本語通じません。
地下鉄のオヤジだって、道を聞いても結構日本語話せる人いるっちゅーのに。



キムチ用の密閉容器も中源堂の陶器も買えなかったので、
なんぞ道具系が買いたくて帰国寸前に新世界百貨店へ飛び込みました。


小さ目のチゲ用鍋(こういう言い方でいいのか?)は欲しかったんです。

だけど↓これでは雰囲気はあるけどどうも色気ないでしょ

b0088340_13362452.jpg




6月の韓国行き計画中の最中は丁度 クムスンを観ていて、
このクムスン、とにかく食事シーンが多いんだわ。
クムスン嫁ぎ先、クムスン実家、金持ちのジェヒんち・クムスンオンマの嫁ぎ先
それぞれの食事シーンがあって、
内容に差はあれど、朝昼晩問わず 必ずと言っていいほど、
テーブルの真ん中には味噌チゲ?とかの鍋がアツアツででんと置かれる。
この鍋には貧富の差がないような。
そして ご飯、キムチいくつか、ナムルいくつか、、、
中味より皿数で勝負みたいに皿が並ぶ。

もう美味しそうで食べたくってたまらなくなります。
おかずがな~い ってシーンでも鍋は必ずあるんだよねぇ。
「朝のチゲがあるから温め直して食べて」 って具合に。

食事シーンを毎回観てると
真ん中の鍋が気になって気になって・・・
どの家もあの黒っぽい鍋じゃなくって結構綺麗な鍋。
こういうのどこで買ったらいいんだろ?って思ってはいたんです。


b0088340_11163782.jpg





ただ買ってしまったんですが問題が!

この鍋の中味は日本でいう味噌汁(スープ)?それとも鍋料理?
スプーンでひとつの鍋を全員でつつく?!
味噌汁がわりならチマチマ真ん中にある鍋からスプーンですくってられんよな。
ひとりずつお椀で の方がいい。
皆がスプーンですくいまくって残った鍋の中味はどのような状態にぃ??!!
旅行の時などはこうだよね~って嬉しく真似るけど、
郷に入ったら郷に従えで私のことだからそのうち平気になるんだろうけど、
我が家への この食文化の導入はハードルは高そうだなぁ。


焼肉屋でもソッパランでも出てきた同じ味のチゲは
テンジャン って味噌の味かなぁ、あの独特の大豆?の匂い
慣れるとむしょうに食べたくなるであろう予感。
この味噌の導入もきっと難しいだろうな。

ってことはこの鍋の本格デビューは難しい?!


そろそろ寒くなってきてチゲが嬉しい季節

日本の取り分け流でもいいからまずテーブルの真ん中に置く事から始めようっと。
[PR]
by zinzin_h | 2010-10-30 13:45 | 韓国旅行2010.6
ゆーたら

韓国海苔、キムチ、柚子茶とか、パックとかの化粧品、高麗人参入りなんちゃら、
仁寺洞とかで売っているポーチなどの工芸品
やったんですが
ラーメン用のアルミの鍋を買いだしてから買い物が変わったような。


靴 編
BABARAの靴を買いたかったんだけど残念なことに
ここの靴はバレエシューズっていうだけあって甲が浅くフラットシューズ
どう頑張っても甲高幅広の私の足には合わず・・・
珍しく買う気でいたのにねぇ~。

明洞のBABARAではそうだったけれど・・・
諦めきれず、

ソウルのお散歩に丁度いい三清洞通り(삼청동길)にあるBABARAへも行く事に。

shop変われど、自分の足は変わらずでやっぱり似合わない(T_T)

ふと隣の靴屋サンのウィンドウを覗くと、履いてみたい靴がディスプレイしてあるじゃない!
こういう一目惚れ、そうそうあるもんじゃない。


b0088340_13511063.jpg

MARIANO

b0088340_13513030.jpg

矢印のお店
いい場所にあるよね、BABARAが似合わなかった人は必ず入るような(*^_^*)

一目惚れした靴屋さんだけあって、自分の好みのものがあるわあるわ。
しかも安い。
しかも足に合う、不思議なくらいとっても楽。

b0088340_13572618.jpg

店内


b0088340_13575421.jpg

一目惚れのんは 先っちょが少しだけ空いていて履きやすそうで
ビビットな色合いが目を引いた緑のん。


店主はピーター(韓国の方)。とっても気さくで親切で日本語ペラペラ。
昔は商社マンだったとか? 日が経ってしまったので忘れた。

でも緑のこのデザインのは人気商品らしく、作ってから発送とのこと。
こんなん聞くとますます欲しくなるやん。
日本まで送ります ということなのでそうしてもらうことに。
このピーターssi 、海外からの発送ってことで私が心配しないように
あれこれ説明してくれる。
これを聞く前から信用置ける人柄ってのはわかってましたよ。


買ったのはこの3足

b0088340_14315315.jpg


オマケしてもらい3足で20万ウォン(16000円ちょい)くらいじゃなかったかな。
緑のんはちょっと高かかったです。
約束どおり2週間弱くらいで送られてきました。
あの三清洞からのお届けもの~♪フツーに届けられる感激と嬉しさが!

3足ともこの夏とても重宝でした。
ブルーのんは調子に乗ってついでに買ってしまったのですが
やっぱり甲高幅広には似合わないデザインです。
でも履きやすいのでスーパー買い物用に欠かせませんでした。

ピーターssi はウナギの皮の靴をえらく勧めてましたねぇ。



北村界隈へも歩いて行ける近さ、三清洞通りのお散歩はおすすめです。
旅行の記事は改めて書きま~す。

次回の旅行の時は
三清洞通り散歩でこのピーターssiの靴屋に立ち寄り → 北村 → 仁寺洞
と決定デス。


BABARAの靴は

ドクターチャンプでこの人が↓のを履いていたらしいです。

b0088340_18363455.jpg



b0088340_1837155.jpg




【追記】2011.10.20

2010年12月に MARIANOへ ピーターssiを尋ねに行ったのですが
ピーターはすでに居なく、お店の靴のセンスもまったく違っていました。
魅力なかったです。


【追記】2013.10.29

買った靴はすぐボロっちくなりました。
http://zinzin.exblog.jp/21370069/
[PR]
by zinzin_h | 2010-10-27 21:07 | 韓国旅行2010.6
b0088340_12502511.jpg



市場の屋台では昼間から無造作に乗っけられた山盛りの刺身なんかで
酒を飲んでるオヤジやアジュンマがたくさんいる。
山積みの豚足、油の中に浮いてるピンデトック、
天ぷらなんか?わからん怪しげな食べもん・・・
ここだけじゃなく街のそこかしこにも屋台があるし、
韓国の人ってそんな小腹が空くんか?!
とずっと不思議。

活気があって暢気そうでマイペース、話しかけると喜んでくださったり、親切。
嫌な目にあったことはほとんど無い。
手軽な海外旅行でこんなに楽しめるところは他にはないよなぁ。
広蔵市場もそんなとこでした。


b0088340_1353297.jpg




b0088340_137457.jpg

考えられない!ありえない!洋服
愛想の良いMだむがむちゃくちゃすすめられていた。
欲しくなくても話のネタに一つくらい買ってきたらええのに
とダンナに言われ、それもそうやったわ と今になって思う。

食べなくてもウキウキしてしまう屋台
韓国の魅力だね
b0088340_1394772.jpg



b0088340_13111514.jpg



b0088340_13113954.jpg

 
お腹いっぱいなのが残念なのか丁度よかったか^_^;
韓国6度目?くらいなのにまだ屋台で食べたことが無いような。
お上品ぶっているわけじゃなく、小腹が空いたからってなんぞ食べる習慣が
あまりないだけ、ちゅーかご飯はビール飲んでがっつり食べたいからかな^_^;

ここら辺は表現出来ないような匂いが充満してました。
石坡廊の後に来ちゃいけないトコだ。

 
b0088340_1314115.jpg

オーダーチマチョゴリ

部屋を韓国チックにする目的があったので派手めのベッドカバーか布団カバーを買うのに
寝具屋さんを何軒か回りました。
日本語は一切通じないから多少大変。
でも 「オルマエヨ?」 って聞いて 韓国語で答えてもらっても???やったら
電卓で表示してくれるので大丈夫デス。

教えてもらっていたけれど
まぁ、布がいっぱい売ってある市場やったです。

広蔵市場のもうひとつの目的は
よく取り上げられている「麻薬キムパッ」を食べてみることやったんですが
小腹もいっぱいですから食べる事は諦めてます。

布が売ってあるところをどんどん進んで行って・・・
何の気なしにフトみると麻薬キムパッのようなお店が!?
へーーここじゃん!(探してわかるような場所じゃなかった)

しょっちゅう来られないし、そんなに有名なら頑張って食べてみようか ってことに

b0088340_1054209.jpg

これで一人前 2000ウォン。 「ハナ」 で通じますで。
わさび醤油みたいなん 辛子醤油だったかも?! につけて食べるよう。
紙コップは何のスープかわからんけどついてきます。

b0088340_10545056.jpg

さっきの屋台が並んでいる通りとは比べ物にならないくらいひっそりしてます。
家族のような3人の人たちが寡黙に仕事したはりました。
屋台にしては物静かな雰囲気。
広蔵市場の西の方にあるみたいです。
麻薬みたいに止められない ってことはないです。
これはこれで美味しいですがやっぱ中に具が沢山入っている方が好きかな。
似たようなお店が何軒かありました。


結局寝具は一番最初に見た店のものが良かったんでキムパッ食べてから戻ってみることに。
気に入ったのは枕カバーや座布団カバーがセットになっているもので
バラ売りは出来ないみたいだったのですが、無理やりだったか?OKとのこと。
覚悟はしていたけれど、やっぱり高目です。
布団カバーの類はみんなWサイズ、シングルってありません。
のりげが付いてあるのがいいな~ってジェスチャーしたら、他の商品に付いてあったのを
無理やり取ってもらい頂いてしまった^_^;
サービスだって!多分。b0088340_12544247.jpg

買ったのはこんなん、ホテルのベッドに広げてみた。
ピンクがオイラでイエローはMだむが買ったもんなんですが
Mだむんちの寝室はベッドが二つ並んでいるらしく、自分だけこれでは・・・
と後から気づく。それもそうやんなーってことになり私のピンクを譲ってます。
ホテルの部屋ではそんな風に思えなかったのですが、
帰国してこのカバーをセットしたらキーセン部屋みたいになったそうな!!
旅行気分っていうのは まともな精神状態じゃなさそうですねぇ ^_^; 
あと鶴橋にも売ってそうな 枕カバー、クッションカバーこうてます。
チマチョゴリ用の子どもの靴が売ってあったんですが飾り用に買ってきたら
よかった~と後悔。


b0088340_10551940.jpg

ビールを買って市場からすぐ近くの清渓川で休憩。
わりと沢山の人がくつろいでいました。


荷物を置きたいから一旦ホテルに戻り、すぐ支庁前広場へ行く事に。
夜はチムジルバンへ行く予定なんでお風呂セットを持っていこか と提案したんですが
そこまで効率よく計画的・・・ってのも興ざめなのか、
お風呂セット持ってインソン君に会いに行くのは Mだむに却下されてしまった。
とにかく韓国はタクシー代が安いのがいいです。
2年前は初乗りが1900ウォンだったと記憶してますが2400ウォンになってました。
それでも安っ。

ソウル市庁前広場 ドリームコンサート
b0088340_1305664.jpg


広場に行ったら日本の女の方に「日本人だー」 って声掛けられました(ー_ー)!!
例の明洞聖堂にも行ったらしくって、スンホンssiと握手したとか
ツーショット写真撮ってもらったとかMだむに自慢したはりましたわ。
韓国のかいらしい女の子は親切にいろいろ教えてくれました。

b0088340_1315767.jpg


当然この広場でのイベントは無料。簡単な座布団も貸してもらえるわ、
レインコートももらえるわ と至れり尽くせりのイベントです。
Mだむはインソン君の出番が終わったら帰ろうと言ったけれど、
初めてお目にかかったサイっていう人、歌も踊りも上手くって しゃべりのセンスもいい
素晴らしいパフォーマンスにちょっと感動~
最後までいようよ と提案。
エンディングはノリノリでした。
これだけの出演メンバーなのに ごっつ仰山の人ってことなく、普通に座れて、
混乱もちっともなく、最後まで楽しめました。


b0088340_13511228.jpg



b0088340_13204166.jpg

二人のファンちごてもこの 忠誠(チュンソン)! はいい意味のさぶいぼもんでした。


b0088340_13515617.jpg



b0088340_13523671.jpg



b0088340_1320883.jpg




お気に入りになったワ
お土産にと撮った動画




短時間しかいられなかったけれどチムジルバンでは垢すりをし、スッキリ!
ホテルへ帰ってきたのは12時過ぎやったでしょうか。
この日もまた 自力ツアーで効率よくないわりに充実した長ーーい1日でした。
昨日も12時、夜更かし好きのオバサンたちだ。

そうそう、
市場で麻薬キムパを食べたのが16時半くらい
(下調べでは夜しかやってないってことだったんですが)
チムジルバンへ行っても腹空かず、ビールだけ飲んで帰って寝ちゃってマス。
石坡廊でお金つこても上手く帳尻が合う貧乏性 (*^_^*)

 麻薬キムパ(コマキムパ)、クロワッサンにも載っていて
 布地店がある衣料品エリア 西2門近く と。
 テイクアウトしていく人も多かったです。
[PR]
by zinzin_h | 2010-07-14 17:52 | 韓国旅行2010.6
石坡廊は平倉洞と明日行く予定の付岩洞の中間あたりにあります。
道路沿いですから平倉洞の行きしなに見つけられました。
豪邸ばかりの平倉洞を巡って羨ましくなっている帰りに
オイラたちもせめて優雅なひと時を~ な気分 になる! 
という魂胆。

平倉洞豪邸めぐり+石坡廊 は気分的にもgoodな組合せだったとオモイマス。
私たちは 平倉洞 → 石坡廊 でしたが 
石坡廊 → 平倉洞 にすると 石坡廊で土地勘、日本語に優れたタクシーを呼んで
もらえるかもしれません。
私たちが帰る時、タクシーどうしましょう?と聞かれましたから。
その辺でつかまえます と言って断ってますが^_^;

石坡廊はクムスンのこのシーンで即効行きたい!と思った場所。
b0088340_17242021.jpg


クムスンを見てなかったら行ってないと思う。
クムスン義父はこの店の雰囲気が好きなんやって、雲山も行ってたし
贅沢で見え張りなアポジだ、いい親父サンでしたけどね。


天気に恵まれて良かったけれど6月中旬はやはり蒸し暑い。
平倉洞でヘトヘト、石坡廊着くなり、「生ビールある?ジョッキ?」と尋ねるMだむ。
居酒屋ちゃうし、、、完璧場違いですかねぇ^_^;
「瓶ビールしかないんです・・・」と一応申し訳なさそうにおっしゃる。
そしてあとでこっそり 「小瓶なんです・・・」と これまたよく見透かしていらっしゃる。
ここまで来てケチってビール飲んでもつまらんと小瓶のたっかいビールを
ガブガブ気持ちよく飲みました。
店員さんは日本語堪能、日本人のお客さんが多いからとのことですが、
日本人で溢れているってことはなく、上品な韓国の方がほとんどでした。


ランチでは一番安い45000ウォンの寿福(スボク)コース。
でもこれでお腹一杯以上になる量で目もお腹も満たされ焼肉屋とはまた違ったシアワセ感が!!
ビールもたらふく飲み、お料理も完食でしたが、これ以上多かったら全部は食べられません。
税サ 飲み物込みで一人70000ウォンになりました。

渋ちんですが高いと思わなかったです。
赤、辛っ、臭っ ばっかでも飽きるし、ホテル含め安もんばっかでは情けなくなるし、
一発くらい豪勢なものがないと。
ここも機会があったらリピートしたいな♪

b0088340_1749251.jpg



b0088340_17492798.jpg






肝心のお料理は

b0088340_1734573.jpg



b0088340_17345864.jpg

おかゆと水キムチ

b0088340_17352242.jpg



b0088340_17355188.jpg

白菜に包んで食べます

b0088340_17363646.jpg

数が足りない九折板?

b0088340_173728.jpg

冷凍松茸

b0088340_17372470.jpg



b0088340_17374987.jpg

お肉、霜降りではありませんが、上品な甘辛い味付けで柔らかい

b0088340_17381945.jpg

不思議なことに味噌チゲは昨日の焼肉屋とおんなじ味に思えました

b0088340_17384280.jpg



どうも一品撮り忘れています、キムチで合えたようなサラダっぽいのがありました。



b0088340_17445054.jpg



b0088340_17451520.jpg

店内は広くありません


b0088340_1747305.jpg



b0088340_1748413.jpg

古い瓦が醸し出す雰囲気が好きです

b0088340_17573749.jpg

上にある建物。ここでも食事ができるみたい。団体さんがいはったかな。

b0088340_9483713.jpg

京都に住んでいるせいか ^_^; (エラソーに)
こういう庭を見るともうちょっと構ってやったらいいのに、、、って思ったりします。
雑草も目立ちます。これは韓国へ来たらよく思うこと。
でも反対にこういう大雑把で武骨、洗練されてない雰囲気が好きだったりもするんだよね。
韓国へ来ると京都は作り込み過ぎと思えますが、帰るとやっぱり京都大好きです。

適度で嫌味のない高飛車感
二人での写真を撮って下さったり、タクシーを聞いてくださったり と、
そのわりに親切
薄味ではないですが品がいい味付け
ランチはお庭の雰囲気も楽しめるのでおすすめです。


b0088340_9332517.jpg

なじぇ庭にふんころがし?!

ハムナプトラに出て来るスカラベ(ふんころがし)ですけど、
なぜ店の庭にしかも堂々といるんだろ・・・って不思議でした。
縁起のいい昆虫やったんですね、しらんかったー。

しらんかったこともうひとつ
韓国でよく見かける唐辛子がじゃらじゃらついている飾りですが・・・
b0088340_1095656.jpg

調べると
唐辛子をわらで編み込み、壁などにつるしておくと魔よけになると言われる
唐辛子が乾燥することにより、ひとつずつ落ちるさまを
「ひとつ落ちるごとに厄も落ちる」とも言う

そうな、今度行ったら唐辛子の飾り買ってこよっと。


お店を出たのは14時45分くらい。2時間ゆっくりしました。

石坡廊後は仁寺洞、三清洞通りお散歩 などの選択肢があったのですが、
どうしても行きたい所を優先ってことで広蔵市場へ。
石坡廊へ来ながらもやはり持ち前のケチ根性でバス停も一応見たけど
ようわからんから、タクシーで。
「クァンジャンシジャン」は口だけで上手く伝わりました
[PR]
by zinzin_h | 2010-07-10 13:20 | 韓国旅行2010.6
2日目の予定は
平倉洞 石坡廊(ソッパラン) 広蔵市場 飛び入りの市庁広場 チムジルバン 
となっております。

17日にNりょんさんから支庁前広場のイベント情報を唐突に聞く。
おっとけ~、、、なんて言ってられない、行くの一手!のMだむ。
まぁ夕方からだし、タイムスケジュールに影響ないし行ってもええか、、、程度のオイラ。
数々の有名俳優さんの名前を並べられても「オム・テウン」がいなけりゃ動じることナシ。
この日はクムスン姉さんの結婚式が明洞聖堂であるってことをMだむが情報入手していて
行きたそうだったが、時間などがわからずタイムスケジュールに組み込めないまま。
結婚式の出待ちとか入り待ちに時間費やすのも馬鹿げてるしね
(あとでちょっとだけ惜しいことが・・・)。

石坡廊(ソッパラン)はどうしても行きたくて日本から予約したお店、
1時~いっちゃん安いランチを食べるつもり。
過酷な平倉洞の豪邸めぐりをして腹空かし、石坡廊へ向かう手はず。

朝食はコーヒーが飲みたいので明洞のスタバで。
明洞からタクシー乗ってもいいのに地下鉄で行ける所まで行ってそこからタクシー・・・
という日本での習性なんか、ケチなんか 、景福宮まで地下鉄で行く。
オイラは純正の渋ちんだけれどMだむも相当な渋ちん。
タクシーを乗ろうと決心する時は合言葉のように
「Hやっこならとっくにタクシーやんな」と言い合いながらタクシーをつかまえる。

景福宮でつかまえたタクシーに「ピョンチャンドン」と言っても「???」って反応。
ガナアートセンターの名前・住所はハングルで用意していたし、
景福宮超えたあたりから平倉洞エリアの地図も自力で作成していた。
地図を見せたら判りそうなもんだがやはり「???」
有効なのはやっぱりハングルの店名と住所。
今回来てわかったんだけどほとんどのタクシーはカーナビがついている!
2年前はそんなことなかったのに。
ナビついているが、操作が早い運ちゃんとそうでない運ちゃんとまちまち。
番地が出たらソレソレ と指図。
ハングルの住所さえわかっていればどこでも行ける!ロケ地めぐりにまた強い味方だ。

ガナアートセンターまでは10分くらいだったかな、こっちに向かうのは空いています。
ストリートビューみたいなんでも通ってますからどこで曲がったらガナアートセンターかも把握。

b0088340_9543974.jpg

奥のほうが広い道路で上がってきました。左の建物がガナアート。
かなりの斜面でタクシーの運チャンにもうちょっと登って・・あと少し登って・・
とケチ二人が嘆願しましたねぇ。


b0088340_9551959.jpg

緑で囲ったのは例の・・・復活のジヌんちから見えたけったいな家!
平倉洞で1、2を争う感動風景デス。ここまで山の斜面に建ってるとは!
ガナアートセンターからこうして見えるなんて!



b0088340_106641.jpg

ガナアートセンターを有名なミンチョル屋敷に向かって右折すると
ひときわ目を引くオブジェが・・・
マーク・クィンって人の「ケイト・モス像」ちゅーのか? 調べたけどよくわからん。


平倉洞豪邸めぐりの目的は「がんばれクムスン」のジェヒんち とクムスン母んち。

ジェヒんちはすでにストリートビューで行ってるからすんなり見つけられる。
ガナアートセンターからすぐ。

b0088340_15495868.jpg




b0088340_10101736.jpg

ミンチョル屋敷より近いところにありました!!
クムスンで見たまんまの豪邸!


b0088340_10155016.jpg

ジェヒんちの目印
ガナアートセンターを右折し、しばらく行くと右手に青い屋根の門のお家が見えますさかい
ここを左折デス。クムスンでもこの青い屋根が映っている。
(写真奥に見える青い屋根の門)

b0088340_2014373.jpg



でもやっぱストリートビューは問題です。周りも見てるし、絶対あるのわかってるし、
見つけたときの感激は薄いかも。
ウナんちやヘインんちを見つけた時のあの嬉しかったこと!
あれと比べたら落ちます。ちと考えなきゃいけません。


ミンチョルんちも見てるし、ネット露出も多いから行かなくてもいい
(ミンチョル屋敷行くくらいなら他に行きたいとこあるし)と思っていたけど
ジェヒんちからあまりにも近そうだし一応行くことに^_^;

b0088340_13264111.jpg

さすが ど豪邸やった。

b0088340_13311466.jpg

ミンチョル屋敷の右隣はオールインで出てきたとMだむが。


魔王のオスんちはガナアートから離れていると思って計画に入れてなかったけど
現場に行ってみるとミンチョル屋敷から近い気がして行ってみることに。
行けると思ってなかったからわりと感激だ!
笑い飯が金せびりに来てオスの兄嫁ビビッてたやんなー と盛り上がる。

b0088340_1337404.jpg

魔王には不似合いな開放的でなかなかいい家だ。

b0088340_13393965.jpg

オスんちのお隣さんの塀、高すぎるし。

b0088340_13405942.jpg

オスんちはここで曲がります。緑で囲った辺りがミンチョル屋敷。
SWISSってイタリアン?のお店が目印です。
http://www.konest.com/data/area_hot_report_detail.html?no=3056

b0088340_1485519.jpg

塀も高いが階段もありえない!
ここに住めばタダで痩せられるかも。
今回の旅行の目的に″ソウルの坂道″ を撮るってのもあったのです。


オスんちからまたガナアート辺に戻り、クムスン母んち目指す。
判りにくかったがなんとか見つけられた。

b0088340_1434117.jpg

クムスンでこのGallery見覚えあるような、、、?
横の階段を登れば近道のような気がしたけど、オイラの勘は当てにならい、
それよか登る気にならないくらい長い階段だった(@_@;)

b0088340_14202735.jpg


b0088340_14233545.jpg

お~クムスン母の玉の輿屋敷!!
ここからもあのけったいな家が、、、


まぁ、どのお屋敷見てもため息、ロケ地になりそうな豪邸ばっか。
なんでこんなにデカいんだ?!半端じゃない。スケールちゃいすぎます。
日本はここまで貧富の差 無いように思うけど。


b0088340_14243660.jpg

一番気に入った豪邸

b0088340_14254350.jpg

写真を見てダンナが植木の手入れに感心した豪邸

b0088340_21274619.jpg

KIMI art ってよく聞きます


下調べでシンヒョクんちは平倉洞でも最果てみたいなとこにあるから、
フラフラ散歩気分では行けないちゅーことわかっていた。
豪邸めぐりするにはごっつイケズなとこにある。
今回は行かず、何かの時にここだけタクシーで行ってみようと思ってた。
Mだむがせっかくやし行ったらええやん と言ってくれたのでそれじゃ !!と。
行かないと思いつつも住所は用意してました^_^;
住宅地なんでタクシーは簡単につかまらない。
クムスン母はタクシーで買い物から帰ってたよなー。
そういうように ここまで豪邸マダムを送って来て空で帰るタクシーあるはずやん!
なんとも現実離れした発想・・・
予想通り、大きな通りまで出ないうちにタクシーがつかまった。
やはりカーナビがあるからシンヒョクの住所を見せればよかったです
(タクシーの向きが反対だったせいか遠回りになる)。


シンヒョクんちは激写!

b0088340_14415343.jpg


b0088340_14432611.jpg


シンヒョクが上り下りした階段やぁ~


家だけじゃなく離れたところからも・・・

b0088340_14442929.jpg



b0088340_14445617.jpg



なんたってあんなシーン、こんなシーンがあった豪邸前ですさかい。

ドラマ観てても こんな物悲しいとこでしかも夜!ウナは一人で帰るとかタクシーとか
バスとか強情な・・・素直に家までシンヒョクに送ってもらったらええのに
って思ってた、一人で帰るにはほんまに物悲しいとこやった。
てか帰れへんがな。
b0088340_15192931.jpg


b0088340_15474747.jpg


b0088340_15481661.jpg

何度見てもウナの服はけったい。
極めつけはハウンが就職祝いに買った学生服みたいなパンツスーツやったなぁ。



探せばロケに使われた豪邸は他にもいっぱいあるはず。
オイラはあまり知らないけど、シンヒョクんち向かうタクシーの中からも
使われた豪邸がいろいろ見えたようです。

平倉洞は坂が尋常じゃなく、疲れるエリアです。
ガナアートセンターに到着したのが11時くらい、シンヒョクんちを出発したのが
12時半ぐらい。キツイ坂は避け、たった1時間半歩いただけなんですけどねぇ。
ええ加減にして、シンヒョクんちから同じタクシーでランチ予約している石坡廊へ。
ビールが飲みたい!!



b0088340_17195218.jpg 



私が撮ったのではありませんがいい写真です。

b0088340_21574551.jpg


[PR]
by zinzin_h | 2010-07-07 16:53 | 韓国旅行2010.6

UhmTaeWoong がどうでもよくなるまでの日記です。 


by zinzin_h
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30