突発事故発生!(トイレのお話)

6月末~始まった 断舎離、カビ撲滅 の経過記録をしていこうと思っていたのですが、

予測していなかった事故が発生!

って

ウォシュレットが壊れてしまいました。11年目の故障です。

断舎離、カビ退治 ・・・の流れで7月にウォシュレットのノズルを
あらゆる道具、洗剤を試して、ピッカピカ にしたとこなのに
とても悔しい。
ノズル掃除ボタンがあるし、掃除のたびに拭いているのにこれだけでは取れない汚れが
あのノズルにはありますねぇ。

壊れたのは1階のウォシュレット
我が家のウォシュレットは自動でフタなど開かず、シンプルで安いのなんで
ウォシュレットの操作は便座の右についています。
その下あたりから水漏れしてきました。
容器を下において様子を見てたのですが、止まる気配なくTOTOさんに電話しました。
以前2階のトイレのノズルが壊れた時もお世話に。
その時、交換に来てくれた人が言うに、あまり掃除しすぎると壊れやすいと
見えるもんではないからそれほど気にしなくても・・・ と
ええーーーっ!この言葉にはちょっとビックリ
確かにデリケートな部分ですが、優しくこすっているといつまでたっても汚れが取れない、
ちょっと油断していると汚れる。しかも時間が経つと取れにくい・・・

それをせっかくキレイにしたのにぃ~~~

ノズルのお話はまたの機会に


さて、ウォシュレットの交換
TOTOに電話する前、ネットで調べ11年も経っているから修理は不可能だとわかっていました。
案の定、部品がもう無いと申し訳なさそうに、低姿勢で謝られる。
ナンボで新しいのが設置できるのか 聞くと
およそ 82,000円!!!
ええやつじゃなく一番下のレベルのもんで。
定価が77,000 +消費税 -15%くらいの値引き+手間賃10,000 くらいの計算だと。

見るからに2、3万円 くらいのもん、+設置料でできると思っていたから
仰天しました。
自分で設置した人もいるよなぁ、、、とよぎり、
「ちょっと考えます!勝手に決めたら主人の機嫌が悪くなりますから相談するふりだけでもします」
と返事
TOTOさんは 「そりゃそうです!そうなさったほうがいいです!」
と商売っけなく、あくまで低姿勢

それからネットでいろいろ検索、youtube には素人さん撮影の
ウォシュレットの取り外し、取り付けの動画まである!
一番のネックは止水栓 のあたりやなぁ、、、
女の私でもやれないことはない!

能ある鷹は爪を・・・
ではありませんが(^_^;) 私がやってしまうと、なんでもせなあかんことになるんで
ダンナにさせることに。
それにダンナは不器用のくせに しぶちんやから TOTOさんに頼むことはまずないのです。



さぁ購入


ウォシュレットって電化製品なんですねぇ。

アマゾンでさえ売っています。

でもどうしてもアカンかったら助けてもらえる近所の量販店で購入することに。

我が家のトイレは「ホワイトグレー」 という色
汚れが目立たないという工務店のアドバイスで決めました。

このホワイトグレーはTOTOさんでも受注してから作るような。
ネットでは見かけましたが量販店ではまず無いだろうと思える色。

やっぱりありません。
でもウォシュレットってこんな安いんや~って値段で いろんなメーカーから出ています。
私は今がTOTOやからTOTOのもんにしたほうがやりやすいんでは?
とTOTOにこだわったのですが、ダンナは安い方がいい と。
色もかなり悩みましたが、こんなけ安いならアイボリーで我慢するか。
これってありえないことかもしれませんね^^;
最初から無難なアイボリーにしとくんやった・・・ 11年目の後悔です。

私が反対しても東芝のウォシュレットを買うことに。
2万円前半の価格。
3年保証入れて、しかも古いウォシュレットを1,000円で買い取り!
普通なら2,000円の廃棄料が要るのにです。
82,000円思ったらすべてホワイトグレーのトイレに
ウォシュレット部分だけアイボリーでもかまへんデス。


さて取り付け

私はネットで調べていたので、イメージトレーニング完璧!(^_^;)
ダンナに控えめに指図、、、

完璧なイメージトレーニングでもアクシデントは起こります。

まず水道を止める。
トイレの中の止水栓だけでもよさそうですが、初めてのことなんで用心して
外の水道の元栓を閉めることに。
ふたを開けるのさえ初めてです。

固い!!回せませーん。

しょっぱな、ここでつまづくとは想定外

まぁ、ダンナにやらすんだから、無理して私が開けなくてもいいのですが、、、
トイレの中の止水栓をマイナスドライバーで閉めるのですが、これも
固い!!回せませ~ん。

よくわかりました。11年も触ってない状態だとなんでも固くなるんですね。
この二つが出来ないと女手でウォシュレット自力設置は無理だ。
なんとも悲しい現実。

いよいよ
ウォシュレット取り外し

スムーズにできました。よしよし。



ウォシュレット取り付け

購入にあたって、家電量販店とホームセンターを回ったのです。
ホームセンターのそういうコーナーには若いのにとても詳しい女の子がいて、
いろいろ教えてもらいました。
その時に聞いたことがない言葉を何度も聞く

それは

「フレキ」

我が家のトイレの構造を確認して買いに行っているので、
フレキは 止水栓の所の分岐金具 からタンクへとつなぐホースのこと。

私んちのトイレはこれを交換することは不可能のような?

フレキがウォシュレットに同梱されているのとされていないのがあるらしい、
なかってもホームセンターで購入可能だと

フレキまでいじるのか・・・なんだか厄介、いやな予感
思っていたよりすんなりはいかないかもなぁ。


ウォシュレット本体の設置は簡単。
前後の位置合わせに多少時間はかかりますが。

今までの分岐栓をそのまま使い、ウォシュレットのホースがささっていたとこに
差し替えたらいいと安易に思っていたら 合わない!!!

どう思案しても無理

やはり東芝のウォシュレットに付いていた分岐栓につけかえることに・・・

そこで、説明書に書いてある通り、”モンキーレンチ" というものが必要に。

分岐栓をいじらなくていいなら必要ないのに、何?サルみたいな名前のん
テレビドラマ、殺人事件なんかでよく殴るやつ、”スパナ”って言うんちゃうん?

しょうがないから作業中断して買いに走ることに・・・


続きは また
(無事使えています (*^_^*) )
[PR]
by zinzin_h | 2015-12-09 12:12 | お家

UhmTaeWoong がどうでもよくなるまでの日記です。 


by zinzin_h
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31